ベビーシッターといえば、学生や主婦のアルバイトというイメージが根強く、社会的にも職業地位はない…

イギリス発祥チャイルドマインダーは、0歳~12歳までの子どもを対象にした家庭内保育の専門職で、子育てと仕事を両立したい女性や、子どもが好きで保育の仕事に就きたい方などに適した資格です。またチャイルドマインダーは少人数制の保育となる為「安全で質の高い保育」が実現できる為、現在の保育業界で注目を集めている職業です。

ベビーシッターとチャイルドマインダーの違いについて

こんなにも違う

  ベビーシッター チャイルドマインダー
働き方 依頼者宅にての訪問保育
個人との契約による在宅保育
依頼者宅にて訪問保育
自宅で保育所の開業が可能
資格 基本的にベビーシッターになるのに 資格は必要なく、一定以上の知識・技術を持っている証明として資格の取得は推奨されています。 資格認定を行っている民間団体の養成講座を受講・修了し 試験に合格する事で取得

試験 習得までの最短習得期間は4ヶ月~
合格率は平均90%以上
習得までの最短習得期間は2ヶ月ほど~
合格率は平均70~90%

ベビーシッターとチャイルドマインダーについて4つのポイントで比較

ベビーシッターとチャイルドマインダー の働き方の違い

子どもを預かる仕事として混同してしまいがちなベビーシッター。 しかし、仕事内容はこんなにも違うのです。

詳しく見る

ベビーシッターとチャイルドマインダー
の資格取得・費用の比較

民間の資格であるベビーシッターとチャイルドマインダー。資格取得する為の方法や費用はいったいいくら位かかるのでしょう。

詳しく見る

ベビーシッターと
チャイルドマインダーの試験の比較

資格と所得する為の試験方法や試験の内容について比較してご紹介します。

詳しく見る

男性向けのベビーシッターと
チャイルドマインダーの比較

「イクメン」と呼ばれる育児に積極的な男性が増え、保育の世界にも男性のニーズが増えてきています。

詳しく見る

ベビーシッターとチャイルドマインダーの実情

日本におけるベビーシッターとチャイルドマインダーの実情

深刻な少子化問題を抱える日本、しかし同時に深刻な待機児童問題も抱えています。
年々子どもが減っている、しかし幼稚園や保育園に入れない子どもは沢山いるという矛盾を抱えています。
この問題を解消する為に、今チャイルドマインダーとベビーシッターが注目されています。

詳しく見る

海外におけるベビーシッター(米国)とチャイルドマインダー(英国)の実

ベビーシッター誕生の地アメリカとチャイルドマインダー誕生の地イギリス。本場ではどのような形で活躍しているのかをご紹介します。

詳しく見る

他の資格について

チャイルドマインダーやベビーシッターだけでなく、その他の保育に関する資格をご紹介いたします。

詳しく見る