ベビーシッターもチャイルドマインダーも共に、保育士とは違い民間資格です。
ではその資格習得にかかる費用などはどうなのでしょうか?

資格を持つ事のメリット

ベビーシッターのメリット
保育園では断られる病児保育や、日・祝日の保育が可能、施設に勤務する保育士とは違い空いた時間を使って仕事をする事も可能。
チャイルドマインダーのメリット
ベビーシッターのメリットに加え、自宅で児童保育を開業する事が可能。 自宅開業が難しい場合でも、利用者宅での保育や、企業内託児所などの民間の保育施設に就職する方法があります。

資格取得方法

ベビーシッターもチャイルドマインダーも共に民間の資格であり、それぞれの資格を取得できる機関も多々あります。では資格取得にかかる、費用や期間を比較してみましょう。
ベビーシッター資格取得方法

ベビーシッターの資格を取得する為の3つの方法

・ベビーシッター養成講座を受講する
ベビーシッターは民間の資格なので、通信講座などでも資格を習得する事が出来ます。
この場合、通信か通学かを選ぶ事が可能で自分の都合に合った講座を選ぶ事が出来ます。
費用も平均50,000円~90,000円前後が相場です。
・認定ベビーシッター資格を取得する
18歳以上でべピーシッターとしての実務経験があれば2つの研修を受講し、試験に合格すれば「認定ベビーシッター」の資格が取得できます。受講料、登録料合わせても、15,000円程度と安くで取得できます。
・ベビーシッター資格を習得できる大学・専門学校を卒業する
ベビーシッターの資格を取得できる福祉、保育系の短大や大学、専門学校があり、在宅保育に関する科目を履修すると、卒業後に「認定ベビーシッター」の資格を取得する事が出来ます。
チャイルドマインダー資格取得方法

チャイルドマインダーの資格を取得するには認定機関で専門的な知識と技術を習得し試験に合格する事で資格を習得する事ができます。

認定機関は日本では現在大きく分けて、「NCMA,Japan」「ヒューマンアカデミー」「チャイルドマインダージャパン」の3つあります。
習得した資格は国から統一されたものではなく、各認定機関によって多少資格習得後の保障面などが異なってきます。それぞれの特色はコチラで詳しく紹介しています。

各認定機関の資格取得にかかる期間と費用
・NCMA,Japan
通学本科コース:保育や子育てが未経験の方向け。最短12日¥313,200円
通学一般特待生コース:子育ての経験がある方向け。 最短8日¥200,880円
通学特待生コース: 保育士、幼稚園教諭、小学校教諭有資格者向け。最短6日¥178,200円
通学看護師有資格者コース:看護師・準看護士など保健婦の方向け。 最短12日¥178,200円
通信講座(本科コース):資格をお持ちでない方向け。3ヶ月~6ヶ月¥199,800円
通信講座(有資格者コース):保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・看護師等有資格者向け。3ヶ月~6ヶ月¥194,400円
・ヒューマンアカデミー
BTEC認定チャイルドマインダー養成講座:保育や子育てが未経験の方向け。6ヶ月~¥357,860円
BTEC認定チャイルドマインダー養成講座 有資格者コース:保育士・幼稚園教諭の有資格者で保育現場で3年以上実務経験のある方向け。6ヶ月~¥287,660円
・チャイルドマインダージャパン
チャイルドマインダー養成 通学コース:16歳以上であれば受講資格不要の初心者の方向け。最短6日¥151,200円
チャイルドマインダー養成 通信コース:16歳以上であれば受講資格不要の初心者の方向け。2ヶ月~4ヶ月+実習1日¥129,600円